乱視矯正と使い捨てコンタクト

使い捨てコンタクトは乱視に向かない?

乱視矯正は、ハードコンタクトか眼鏡と思い込んでいませんか?ひと昔前までは、それが常識のようなところがありましたが、今は状況は変わってきています。最近では、乱視用ソフトコンタクトレンズの技術発展が進み、快適に安心して装用出来る使い捨て(ソフト)コンタクトが気軽に買うことができます。 普通の近視用の使い捨てコンタクトと乱視用使い捨てコンタクトの違いを簡単にご説明します。普通の使い捨てコンタクトは、表裏さえ合っていれば、上下左右関係なく装用できます。いっぽう、乱視用使い捨てコンタクトには瞳に付ける際、上下の向きが決まっています。上下が合ってないと、きちんと度数矯正された形で見えないようになっています。

 

使い捨てコンタクトが乱視用として現在使われている理由

使い捨てコンタクトが、以前は乱視用としてあまり使われていなかった理由は、この上下の保つためのレンズ構造が未発達のところがあったのです。結果として、装着感が悪いということがありました。それが、技術進歩により、今では装着感が著しく改善されているのです。それともうひとつ、乱視用レンズは、上下が決まっているので瞳の上で動かないようになっていなくてはいけません。そのために普通のレンズよりも厚めに作られています。レンズが厚くなると酸素透過率が悪くなり、瞳への負担が増します。その点も改善が加えられ、含水率をより高めて酸素透過率を良くしたレンズの開発。さらには、含水率を高めないでもレンズ自体の酸素透過率を高めることに成功した新素材(シリコーンハイドロゲル)レンズも登場しています。こういった技術進歩により、現在では乱視度数矯正の為の使い捨てコンタクトレンズも気軽に使用出来るようになっています。価格も以前と比較して安いのでお得になってきています。